藤井四段で有名になった「cubolo」

プロ棋士の藤井聡太四段が幼少時に遊んだ玩具として

クローズアップされている「cubolo(キュボロ)」。

これ、ウチにもあるーー!

ぐりが小さい頃にどうしてもコレが欲しいと言い張って、

誕生日に思い切って買ったものです。

(高かったので、日の目を見てちょっと嬉しい)

 

これと「ピタゴラスプレート」は、

子どもが大きくなってから

買って良かったと改めて思った玩具のうち

1,2を争うものです。

 

「cubolo」は立方体の重なりが、

「ピタゴラスプレート」は展開図が

感覚的に理解できるようになるみたいです。

ぐりぐらは算数少年で、特にぐりは立体図形が大好物。

立体図形の問題を確実に得点できることが、

算数が決定的に崩壊しないポイントなのかも。

(うっかりミスは山ほどしますし、国語は壊滅的ですけれど)

 

そうか、藤井四段と同じ玩具かぁ。

でも、ぐりは将棋はそんなに強くないです。うーむ。