慶應の新幹線問題「富士山はどの席がよく見えるか」

昨日のネットニュースで

中学受験の新幹線の問いが話題になっていました。

出題していたのは慶應普通部。2015年の問題です。

 

東海道新幹線の下りの座席図で、

(進行方向を上にして左からA、B、C、通路をまたぎ、D、E)

「次の車窓風景は、どの席からよく見えるか?」というもの。

 

お題は、伊吹山、富士山、伊豆半島。

=            =
 ↑進行方向(新大阪方面) 
  [A][B][C] [D][E]  
=            =

 

この問題をぐりぐらに出してみたところ、

ぐりは正解。ぐらはあやふや。

 

これは、ぐりが5年生だからできたわけではなく、

ただ単に鉄道マニアだからだと思います。

 

 

なぜだか新幹線問題を出題する学校は多く、

鉄道マニアの子にとってはプレゼント問題なのですが、

そうでない子にしてみれば、

「そんなの分からないよ!」となりやすい鉄道関連。

 

新幹線に乗るときは窓際に子どもを座らせたり、

乗る機会はなくても

どのルートを通っているか地図で確認したりなど

したほうが良さそうです。

 

 

今年はJR30周年、地下鉄開業90周年。

その辺りがキナ臭いと思っていますがどうでしょう?

 

 

★ぐりの愛読書はこちら。